アールプロモーション

アールプロモーション

AV女優・求人・AV業界を徹底解説三密のはずのAV業界、AV女優に休業要請しない理由

「濃厚接触」をしなければならない職業であるAV業界ですが、なぜか休業要請のリストには名前が載っていません。それはなぜなのでしょうか?

三密のはずのAV業界、AV女優に休業要請しない理由

感染防止のために休業要請される業種

新型コロナウイルス感染症対策に伴う緊急事態宣言で、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪を始めとする全国13都道府県が特定警戒都道府県の対象に指定されました。
これらの都道府県では、重点的に感染拡大防止に向けた取組がなされます。
東京都では特定の施設・職業に対して休止を要請しています。
その対象として運動・遊技施設、劇場、イベント会場、商業施設、そして遊興施設が指定されました。遊興施設の中にはキャバレー、ナイトクラブ、スナック、バー、性風俗店、デリヘル、アダルトショップ、個室ビデオ店などが含まれていますが、その中にAV業界は指定されていませんでした。
ある意味で、最も「濃厚接触」をしなければならない業種なのですが、公式には休業要請されていないのです。
それはなぜなのでしょうか?

AV撮影現場は「3密」なのか

そして最後に「密接」です。これに関しては、AV女優とAV男優は「濃厚接触」しなければならないため、避けることは出来ません。
しかし現在のAV業界では、もともと衛生面において最大限の注意を払っています。AV男優もAV女優も、毎月の性病検査は必須となっていますし、体調に関しては事前に十分に気をつけています。
最近のAV男優は、身体そのものが資本ということもあり、健康には人一倍気を使い、ストイックな生活をしています。感染予防に対しても、万全の対策をしている人が多いでしょう。
また、現在のAV撮影現場では、出演者が入れ替わる度に体温を測るといった対策も取られています。
もちろんどれだけ完璧な予防対策をしていても、絶対に感染を防げるということはありません。しかし、その可能性はかなり低くなっているとも言えるでしょう。

万全の予防対策をしているAV撮影現場

現在、営業自粛の影響はAV業界にも押し寄せています。大手メーカーは撮影をストップしていますし、DVDショップなどでの販促イベントも中止となっています。
ただし現在、休止を要請される職業の中にAV業界、AV女優は入っておりません。そのため、中小規模のAVメーカーの中には撮影を続行しているところもあります。 AV撮影は、文字通りの「濃厚接触」行為を行いますが、相手は不特定多数ではありませんし、新型コロナ騒動以前から、衛生面に対しての注意は徹底されていました。現在もカットごとに体温を測るなどの対策もなされているようです。
大人数のスタッフがいる大規模な撮影の場合はともかく、ほとんどのAV撮影は現場にいる人数も少ないということもあるでしょう。
また、AV女優として活躍した場合、その肩書やネームバリューは、キャバクラ嬢や風俗嬢に戻った時でも、むしろ箔がつくといったメリットもあるようです。
コロナ禍の影響で、一時的にAV業界に流れてきているのかもしれませんが、実際にキャバクラ嬢、風俗嬢の女性がAV業界に流れてきてくれているのは事実のようです。

今もAV女優募集は中止されていない

キャバクラやガールズバーなどの水商売、風俗店などは、客を選ぶということが出来ません。よほど調子が悪そうならともかく、少し怪しいというくらいでは、来店を断ることは難しいでしょう。また一日に接客する人数も、かなり多くなります。それは当然、感染の確率が高くなるということでもあります。
その点、AVの撮影現場においては、AV男優がいやならば断ることができますし、事前にマネージャーに確認することも可能です。
もし自分の体調が悪いという時は、当日でも撮影を中止にすることができます。そうした場合でも、キャンセル料がAV女優に請求されることはありません。
こうした観点から、今回AV業界が休業要請のリストから外されたのではないかと考えられます。
とはいえ、現在、大手メーカーなどは撮影をストップしていますし、大規模な撮影は控えるようになっています。
逆に言えば、安全性の高いAV現場だけが行われているわけです。
そのため、多くのAVプロダクションは今もAV女優募集求人をしています。ある意味で、今はAV女優として採用されるチャンスなのかもしれないですね。