アールプロモーション

アールプロモーション

AV女優・求人・AV業界を徹底解説AV女優(セクシー女優)になる女性に多い職業は?

AV女優(セクシー女優)になる女性に多い職業は?

目次 - AV女優(セクシー女優)になる女性に多い職業は?

AV女優(セクシー女優)になる女性に多い職業は?

AV女優として活動している人たちの前職は千差万別です。学生からOL、主婦からフリーター、専門職まで様々な職業にいた人たちがAV女優になっています。
各AV事務所募集要項に違いはありますが、基本的にAV女優募集求人は、18歳以上(高校生はNG)の女性で、身分証明証(免許証orパスポート)を持っている(もしくは取得可能)人ならば誰でもなれます。しかも年齢の制限もありません。さらにAV事務所によってはニューハーフや女装男子など戸籍上は男性でも、AV女優として所属できるところもあります。AV女優は職業や年齢に関係なく、誰でもなれる職業といっても大げさではありません。
(余談ですが、意外と多いのがAV男優の応募です。基本全てのAV事務所はAV女優以外の募集はしていません。AV男優になりたいという方は、制作会社やAVメーカーにコンタクトを取るのがオススメです)

AV女優志願者でもっとも多いのは、若い女性

AV女優になりたいと応募してくる方の中で、一番割合の多い年代は10代後半から20代前半の若い女性です。
彼女たちは自由になる時間が多いことにくわえ、学生だとお小遣いが限られていたり、自由に使えるお金が少ないことが一番多い理由として挙げられます。
また30代〜40代の女性は、結婚をして子育てをしていたり、仕事が忙しく自由な時間が少ないためか、応募してくる方は少ない傾向です。
逆に40代も後半になり、子育てに一段落すると再び応募者も増えてきます。熟女女優として活躍する方の中は、お金目的ではなく趣味と割り切ってAV女優のお仕事をされていたり、中には夫公認という方もいます。

AV業界に「あの職業」が多い理由

また職業別では、先述のとおり大学生(短大生)、OL、フリーター、主婦などさまざまですが、特に若い方には時間的に余裕のある学生さんが多いようです。しかし課題の多い専門学校に通っている人は、自由になる時間が少ないため、応募者が少ない傾向にあります。

社会人でいえば、かねてからAV業界には現役の看護師さんや元看護師が多いと言われています。さすがに具体名は公表できませんが、看護師として働きながらAVデビューをしたものの、AV女優のお仕事がおもしろくなりAV女優専業になった、という女性もたくさんいます。
いうまでもなく看護師さんは医療の現場で患者のケアを行う専門職です。病院や診療所のほか、老人保健施設、障害者福祉施設、訪問看護ステーションなど様々な場所で看護師さんは働いています。
看護師の仕事は、多忙です。夜勤もあり自由な時間も多くありません。看護師は国家資格が必要な職業なので、資格さえあれば国内のどこでも働けます。もちろんお給料も安定しているので、生活に困ることはありません。
ではなぜ彼女たちがAV女優になりたいと思うのでしょうか? 
ひとつは、常日頃から食事や入浴介助から排泄など他人のカラダに触れることの多いお仕事なので、他人と密な距離で接することに一般の人よりも抵抗が少ないことが挙げられます。その日会ったばかりのAV男優さんと密着することも、他の職種の人に比べて抵抗感が少ないと言えるでしょう。
また普段から患者さんの心のケアや治療についての相談など、家族への病状説明など他人と接する時間が長いので、おのずとコミュニケーション能力も磨かれていきます。これもAV女優としての大きなポテンシャルの高さに繋がります。
そもそも看護師になるには、不規則で過酷な労働環境に耐えられるタフな精神と肉体が求められます。タフな体力と強いメンタルがあるからこそ、ハードなAV業界で、AV女優として活躍できるのかもしれません。
そしてこれらは看護師だけではなく、介護士、美容師、マッサージ師、さらには風俗嬢など接客業全般で働いている人に共通で言えることでもあります。
またそれ以外にも定職に就いていて、社会的地位も高い女性や、安定した収入がある女性がAV女優になるケースも多くあります。

このことからも、年齢も社会的な属性も違う様々な女性たちが、AV女優となってAV業界を支えていることが分かるはずです。