アールプロモーション

アールプロモーション

AV女優・求人・AV業界を徹底解説AV業界独自の禁止事項や面倒なルールなどはありますか?

AV業界独自の禁止事項や面倒なルールなどはありますか?

目次 - AV業界独自の禁止事項や面倒なルールなどはありますか?

面倒なルールがあるのではと心配ですか?

AV女優になると、AV業界独自の禁止事項や面倒なルールなどがあるのではないか?
そんな心配をお持ちの方もいるかもしれません。

弊社、AV事務所アールプロモーションは禁止事項、細かいルールは特に設けておりません。
18歳以上(高校生不可)の女性で身分証明証(免許証orパスポート)をお持ちであればお仕事可能です。身分証明証をお持ちでない場合でも取得可能であれば問題ありません。
取得方法がわからない場合は、弊社スタッフがご説明、同行いたします。

AV女優としてお仕事をする場合は、AV事務所(プロダクション)と正式に専属契約書を交わします。
みなさん契約書と聞くと怖いと感じる方もいらっしゃると思いますが、決してそうではありません。AV女優さんが一方的に不利になる契約書ではありませんのでご安心下さい。

しかもAV事務所の契約に関しましては、他の業界と少し違っていまして、契約書の内容は、全AV事務所共通の契約書になります。
AV業界どこのAV事務所に行っても、すべて同じ書式の契約書を使っているということです。

ただし、契約書以外で、それぞれの会社によって、多少の決まりごとは存在します。
例えば、日焼け、髪形、タトゥー禁止、やタレント事務所のように恋愛禁止などを決めている会社もあります。
弊社は禁止事項ではありませんのでご安心ください。

禁止されているのは、二重契約だけです。

それでもひとつだけ、重要な禁止事項があります。
それがAV事務所の掛け持ちです。二重契約はNGです。
これは芸能プロダクションなどでも同じですが、複数の会社と所属契約を結ぶことはできません。
これはトラブルを避けるためです。
例えばひとりのAV女優さんが、事務所A社と事務所B社のどちらともと内緒で所属契約を交わしていたとしましょう。両社はそのAV女優さんの営業(売り込み)に行きます。同じタイミングで、同じクライアント(取引先)に行けば、このAV女優さんはどちらに所属しているの? どちらにお仕事を依頼すれば良いの? とクライアントも困ります。
たまたまクライアントの担当者が違ったため、それに気づかず、両方お仕事が決まってしまったら、担当者同士が揉めることにもなってしまいます。
これがAVメーカー専属の単体AV女優の場合は、さらに問題は大きくなってしまいます。
芸能人で例えれば、同じタイミングで違う曲のドラマの主役に決まってしまうようなものです。
こうしたトラブルを避けるために、AV業界では、AV事務所の掛け持ちを禁止しているのです。
ただし、業務委託など、AV事務所(プロダクション)同士が提携している場合はOKですし、以前どこかのAV事務所に所属経験があっても、キチンとした形で退所していれば、別のAV事務所との再契約は可能です。

今のAV業界では、AV女優にペナルティー(キャンセル料)などの違約金を要求することはありませんが、アナタの信用が失われることは間違いはないでしょう。
折角苦労して決まったお仕事も無くなってしまうかもしれません。
また、本人は前のAV事務所を辞めたつもりでいても、担当者やAV事務所側は辞めている事を知らずに営業を継続している事もありますので、そういう間違いが無いように、辞める時や、他のAV事務所に移籍をする時は、口頭ではなく、キチンと文書でやり取りをするようにした方がよいでしょう。
そうすれば、所属している・所属していたAV事務所にも迷惑はかかることもないですし、ご本人のイメージダウンにもなりません。
ご自分で出来ない場合は、担当マネージャーに代行してお話してもらう事も出来ます。
ただし、中には一度契約すると簡単にやめさせてもらえないAV事務所もあると聞きます。AV事務所を選ぶ時は慎重にご自分に合った会社と契約する事をおススメします。

まとめ

勘違いされている方もいるかも知れませんが、AV事務所(プロダクション)はあくまでもAV女優さんの味方です。
辞められない会社などはこの世にひとつも存在しません。
はじめてのお仕事、他社への移籍など不安なことは山ほどあるとは思いますが、そこは思い切って飛び出してみませんか?
今はメールやLINEなどの問合せ方法もあります。心配でしたら、オフィス以外にカフェ(喫茶店)での面接も可能です。
ご質問からでも構いません。お気軽にお問合せをお待ちしております。